2017/07/25

最新情報 : 旬の食材情報 他

イタリア産アジノ!今回はイチボが入荷!

イチボとは・・・

ランプと呼ばれるおしり上部のお肉のうち、下側のやわらかい部分を特に切り出したお肉です。

運動を重ねていることから脂肪分はすくないですが、やわらかい赤身のお肉です。

最近では希少部位として人気があります。

臀骨がH型なのでH-bone(エイチボーン)と呼び、そこから訛ってイチボと呼ばれるようになったようです。

イチボはロース、ヒレについで柔らかく、赤みのお肉なので肉本来の味わいが楽しめます。


そんな赤みの美味しいロバのイチボを当店ではステーキでお出しします。

ロバは臭みがなく、一度食べると病みつきになるほど美味しいお肉です。

徐々に人気が出て来て、今では入荷するとすぐ完売してしまうほどです。

売り切れ次第終了となり、次回入荷は未定です。

気になっているお客様はこの機会に是非一度お召し上がり下さい。

皆さまのご来店をお待ちしております!

 

 

2017/07/19

最新情報 : 旬の食材情報 他

とってもクリーミー!生クリーム入りモッツアレラ「ブラッティーナ」入荷しました!

南イタリア プーリア産の生クリームが入ったモッツアレラチーズ「ブラッティーナ」が入荷しました。

大変お待たせいたしました。

たくさんお問い合わせ頂いており、ありがとうございます。

前回は軽く燻製が掛かっているタイプでしたが、今回は真っ白なフレッシュタイプです。


東神楽しんむら農園さんのミニトマト「ゆめトマト」と一緒にカプレーゼでお出しします。

フレッシュモッツアレラなので、あまり日持ちがしない為、数量限定です。

ご希望のお客様、お早めのご来店をお待ちしております。


※写真はイメージです。写真はブラッティーナ アフミカータ(燻製掛かったモッツアレラ)です。盛り方は変更になります。

 

★ブッラータは通常250gの大きさですが、小さいブッラータを意味する「ブラッティーナ」は可愛らしい125gのものが2個入ったパッケージです。

袋状の閉じた部分が薄く、中にはクリームがたっぷり詰まっています。ジューシーでクリーミーな生地は濃厚です。

“Burrata”(ブッラータ)は、イタリア語で“バターの様な”という意味です。

ベースとなっているモッツァレッラチーズは本来水牛乳製なので、脂肪分が高くミルクの風味が濃厚。さらに中に入ったクリームがこっくりとして、まるでバターがたっぷり入っているかのようで、この名が付きました。

 

2017/07/18

最新情報 : 旬の食材情報 他

フランス ランド産 ピジョン(鳩)エトフェ入荷しました!

ピジョン(鳩)と聞けば、クセがあって食べにくい!?と思われがちですが、

実はピジョン(鳩)は臭みはなく、赤ワインとの相性も抜群です。

鳩の骨から出汁を取ったソースで仕上げます。

日本ではあまり食べる習慣がないので、違和感を覚える方も多いかもしれませんが中東やエジプトやヨーロッパの多くの国々では古い時代からご馳走でした。

フランス料理では、常にトップクラスのご馳走です。

今回は特価でお出しします!

 

フランス ランド産 ピジョンエトフェロースト 半羽 1,480円(一羽 2,800円)


※写真はイメージです(半羽)

 

脂肪は少なく赤身の肉で、空を飛ぶ鳥なので羽ばたくための胸肉が発達していて胸肉が一番美味しいところです。

しっかりと鉄分を感じる味わいなので、力強いフルボディの赤ワインが合います。

ピジョン(鳩)をまだ食べたことのないお客さまは是非、この機会にお試し下さい。

皆さまのご来店をお待ちしております!


 

※鳩肉は、ビタミンB1・B2、鉄分を多く含有しており、脂肪分が非常に少ないのが特徴です。

屠鳥後すぐに調理をするよりも、2~3日熟成させたほうが旨みが出てきます。

28日齢、350g~450gの仕上がりになった大きさの鳩が一番良いと言われています。

今回ご用意しているピジョンは一羽400g前後のもので丁度良い大きさです。

食用鳩の飼育が、他の鳥と異なって難しい点は、人工孵化は可能であっても、人口育雛が出来ないことです。

ですから、子育ては親鳩に頼らざるを得ません。

1羽の親鳩が年間に育てられるのは15羽前後のようです。

この飼育条件が、鳩の量産を難しくする要因の一つです。

エトフェとは・・・

屠鳥の方法のひとつで、血抜きをせずに筋肉の中に血液をうっ血させます。

濃いコクと味わいが得られますが、血抜きをしないという事は、素材の良さを求められます。

エトフェされる鳥は高品質であるということが言えます。

«Next

Back»